スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/12(Sat)

アニバーサリー企画第25弾! (chocoさん作品ⅩⅣ) 

           2007.12~?〈NIGHT HEAD〉アニバーサリー企画





〈ファイアボール +NIGHTHEAD〉 廉価版②



「シシカバブー。シシカバブーはどこだ?」
「また変なニックネームかよ。俺は、ゲデヒトニスだって」
 広間に入って来た直也を直人はうんざりと迎えた。
「違うよ、兄さん。『はい。お嬢様』でしょ」
「はい、お嬢様」
 直人は渋々答えた。
「よろしい、シシカバ。実は、ぼくね。メイドさんが見たいんだ」
「メイドさん?なんだ、それは?」
「四万八千年くらい前にアキハバラのメイドカフェってところに生息してたんだって。兄さんは見たことある?」(ファイアボールの世界では軽く二万年ほど人類とロボットが戦争状態にあるらしい)
「ちょっと待て」
 直人が手を叩くと広間の天井から情報伝達用のケーブル端末が伸びてくる。
「ただ今お屋敷の映像データベースを検索しております」
「すごい。まるで双海みたい」
「おお!これは愛らしい!」
 ゴーグルタイプのスクリーンを確認して直人が感嘆の声を上げた。
「そうだよ。愛でて良し。食べて良しなんだ」
 直人はゴーグルを外してまじまじ弟の顔を見た。
「愛でるのはわかるが、食べる方はおまえにはちょっと早いんじゃないか?」
「失礼な事を言わないでよ!もうビデオ屋のアダルトコーナーに行ったって怒られないし、女の子の一人や二人。どうってことないんだから!」
「左様でございますか」
 性質の悪い笑みを浮かべた直人を直也は睨みつける。
「なに、その言い方」
「台本通りだ。文句を言われる覚えはないぞ」
「もういいよ!早く映像を見せて」
 壁面一体型の大型スクリーンを起動させようとした途端、室内の灯りが一斉に落ちる。
「停電?」
「らしいな。時期に自家発電が動くはずだが」
「なかなか点かないね。なんか」
 直也は直人の傍に寄った。
「ちょっと怖い」
「怖いのか?」
「違うよ!兄さんが怖いんじゃないかと思っただけ!」
「左様でございますか、お嬢様。お気遣いありがとうございます」
 直人が弟の肩に手を回す。
「本当に怖くないから」
「わかってる。それより、随分、時間を食うな。これじゃ、懐中電灯でも探した方が早いぞ」
「駄目だよ!ハイテクロボット二人のシュールでドライな会話劇なんだから。そんなアナログな解決法じゃ視聴者が納得しないよ」
 暗くなると二人の声は自然と潜められた。
「あのさ。自家発電の機械ってどこにあるの?」
「インフラ関係は地下だろうな。メンテナンスの都合もあるし」
「地下なんてここより暗いよね?」
「そうだな」
 直也のため息が小さく響く。
「台本の下読みをしておけば良かったな。これからどういう展開になるんだ、直也?」
 返事がない。目をやると直也は気持良さそうな顔で眠っていた。
「ってなんで寝てんだよ。この先どうするんだ?起きろ!直也」
 直人に寄っかかっているとはいえ、突っ立ったままでよく眠れるものである。
「おい!まさか今回はこれで終わりか?さすがにゲストのお嬢さん方や優しい管理人のお二人も許してくれないと思うぞ!」
 軽く揺すってみたが、直也はなんの反応もない。
「エロなしオチなしじゃ不味いだろ?俺は知らないからな!」
 闇に包まれた広間に直人の大声が響くばかりであった。





終劇(え?)
スポンサーサイト
EDIT  |  08:18 |  二次創作  | CM(4) | Top↑

Comment

●chocoさん、皆さん、お久しぶりでございます!

や~、長らくご無沙汰しておりました、なんと、もう暑中御見舞いの季節でございますよ、皆さま、お元気でお過ごしでしょうか? 
や、ここまできたらアニ企画もぱーっと納涼祭?(をい…)
いやいや、chocoさんから素敵楽しいファイアボールSS第二弾が届きましたと同時に、嬉しいお知らせも!
以下に、予告を兼ねてchocoさんからのメッセージを転載させていただきますv

(以下、chocoさん文でございます)
ご無沙汰してます。
siko様。パタ様。お久しぶりです。
毎日、暑いですね。私はもう夏バテです。(弱)
今回は、ファイアボール最終回記念と二期放映熱列希望を込めまして『ファイアボール+NIGHTHEAD』の第二弾をお送りします。
ウケウケだと勘違いしてます。すみません。(汗)
あと、これは別件なんですが、そのうち設定代りの小話をお送りしますので、それをベースに原作準拠の中編を書かせてもらえないでしょうか?
時系列はTVドラマ終了後かアーク事件後かはっきりしないんですが、内容は『超能力探偵もの』です。(え?)
いつもわがまま申してすみません。
それでは、ご笑覧の際はボランティアの精神でお願いします。
siko | 2008.07.12(土) 08:29 | URL | コメント編集

●や、もちろんウケウケっすよ!(^_^)v

chocoさん、こんにちは!
そして、素敵作品のご投稿、ありがとうございます(感涙)
いや~、ご投稿いただいたのが8日なんですよね、
UPが遅れてしまって申し訳ありません(汗)
しかし、秋葉のメイドさんに興味を示すとは、さすがお嬢直也、っつか、そうだよね、2年前は「電車男」だったんだもんね、って、何の話をしてるんだ、ワタシは!(^^;)
でも、停電でこわがるとこは何か可愛いわ~、
そして、すかさず肩を抱く直人、おお、この読者サービスも嬉しい…え、違う?(笑)

そしてそして、次回予告もありがとうございます!
原作準拠の中編、しかも超能力探偵もの!
きゃっv
わくわくです、どきどきです、わーい、胸躍らせつつ、お待ち申し上げておりますv
siko | 2008.07.12(土) 08:43 | URL | コメント編集

●毎度お世話になります。

UPしていただきましてありがとうございます。
いつもながら勝手なコラボですみません。少しでもお楽しみいただければ幸いです。
なんか直也が傍に来たら直人が肩を抱くってのが自分の中で既にデフォルトでした。(汗)仲良くしてるように見えると嬉しいです。

直也の本体は『電車男』を演じていたんですね。
映画しか見ていないのですが、激しく懐かしいです。久しぶりに見直して心のキレイを取り戻したいところです。(切実)
あと、我儘な申し出を快くお許しいただきまして感謝です。予告のブツができましたら、お送りします。
では、毎度、ご面倒をおかけしますがよろしくお願いします。
choco | 2008.07.13(日) 15:11 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008.07.16(水) 16:01 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。